コーヒーの検証

コーヒーの検証をするとき温度計やら濃度系を使います

 

 

 

 

 

 

 

あくまで基準値を取ったり感覚のすりあわせに使う程度です

つまり自分の舌が大体どの位置で感じているか?ですね

少し前にもお話したコーヒーをドリップする大会ジャパン
ハンドドリップチャンピョンシップでは温度の均一性や
濃度や質感を評価していきます

自分の感覚だけではわからないときがありますので
数値化していきます

ただし数値を計測する機械も正直申し上げると
精確ではありません

ちゃんと計測する場合は専門家に依頼しないと無理ですね

よく器具や焙煎の検証とかみかけますが殆どベロ感(舌)に
頼っていて実際何かを検証しているというよりも色々使って
飲んで感想っと言った感じのほうが正しいかもしれません

あと誰かを軸としたとき意見が強い方が軸になったとき
それに引っ張られて検証というよりも同意の場になってしまう

それなら楽しんで色々使ってみるほうが良い結果が
得られるします。つまり的外れじゃない。

家庭で珈琲の味を修正するっというのは客観的にやろうと
すると上記のように難しい話になってくるのでやはり
楽しむことを優先させたほうが良いと思います

「何が悪くて何を良くしたら美味しくなるのか?」
から「色々試してみてどんな味になるか楽しんでみよう」
ですね

スペシャルティーコーヒーだからといって・・

スペシャルティーコーヒーを説明するときによく使われる三角図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はちょっと?違います

青=スペシャルティー 黄色=プレミアム

赤=コモディティー&ローグレード

青のスペシャルティーなんですが本来カッピングで評価して
ちゃんとした評価の上でスペシャルティーコーヒーであることが前提です

ところがスペシャルティーコーヒーと呼ばれてはいるけど
元々の生豆はそうではないだろうっというのもあります

これはスタンダードの部類になるなっと。。

もう一点、焙煎は関係ないような感じもしますが
スペシャルティーのグレードは基本美味しさの阻害要因に
なるようなことがあってはいけないと思います

つまり焙煎で煙の香りや極端な苦味が前にですぎて
本来持ってる味わいを引っ込ませるようなことが
あってはいけないと思います

そういう豆も無きにしもあらずです

*焙煎に関しては個々の店の個性という意味での
アクセントとしてはないよりあったほうが面白い
んでしょうけど。。

スペシャルティーの評価で気になるのは評価方法ですが
まあ売ってる人が点数つけてますので・・悪くはつけない(笑)

実は同じ点数なんだけど自ら産地まで行って売ってる商品
だからってなると自然と点数あげちゃうこともあります

店に寄ったら産直(又は産地に行った)豆とそうでない
豆でわけて価値の高低つけている店もありますがイコール
品質の高低かは・・な場合も無きにしも非ず

あとはオークションだとマグロみたいなもので高値や
ワインでいう高点数がウリになるので高くしちゃいすぎ
じゃない?ってこともあります

プレミアムコーヒーは希少性が主にあります

よくある例では動物の糞から採取された珈琲とかですね

でも美味しくないのもあるわけです

ホント申し訳ないのですがコモディティーと呼ばれる
大量生産品と同じような豆が沢山あります

ただ高いし希少だからってのがプレミアムという
何だか皮肉な部分もあります

当然美味しい豆もあるわけですがスペシャルティーの
手頃な値段の倍以上するような珈琲豆も結構ありますので
そりゃないでしょって言いたくなることもあります(笑)

じゃあコモディティーが駄目なの?っというと完全に
そうでもありません

私の経験上ですがスペシャルティーと読んでもおかしくない
カップのコーヒーはありました

ただしです。

その的を意図的に狙って仕入れるというのは難しいです。

つまりどのレベルにも美味しい珈琲はあり不味い珈琲も
あるわけですが作り手が意図的に良い素材を選びやすいのは
スペシャルティーということになります

100g2000円なんて横に100g500円ってあったら前者が
高そうな気もしますが実は後者がスペシャルティーなんて
こともあります

スペシャルティーもプレミアムもスタンダードも
ごった煮のように売る店ってありますが前記のような
場合明確な価格差の理由がないと語弊を生みます

とは言え高いほうが品質が悪いっとは言えば売れない(笑)

まあ珈琲豆だけの話じゃないんでしょうけどね。。

高価なコーヒー。これいかに。

お客様からポロっと数人から聞かれました

「最近スペシャルティーコーヒーの値段が上がっている
美味しいとはいえ100g800円以上なんてのはどうかと・・」

 

 

 

 

 

 

 

 
話を一旦そらします(笑)

岡山県産のバナナを買いました。二本で1080円。

1本500円ですね。

一房が300円でも少し高いと感じるバナナで一本500円

高いのか? 毎日食べたらひと月1万5千円

バナナだけでそれなら厳しいですね。。

一週間に一回の御褒美なら2千円

ああ~これなら嫁にも怒られないかっと。。(笑)

で話戻りまして100g800円のコーヒー。

チェーン店のコーヒーより安いです

【家で100g800円のコーヒーを飲んだ場合】

1杯あたりに12gくらい使って1杯100円

毎日1杯飲んで3000円。家族とかで1日3杯ぐらい飲んだら9000円

【チェーン店で飲んだ場合】

外資系チェーン店1杯280円 毎日のんで8400円
1日三杯(家族なども含めて)25200円

喧噪の中でポツリとイマイチなコーヒーを飲むより
家のほうが圧倒的に安いです

高くないですっと言えます。ですが。。

ちょっと一つ問題があります

コーヒーの世界にまだ15年くらいしか携わっていませんし
コーヒーを好きになりはじめてまだ25年です

その短い歴史を辿っていくと高い部類になります

【無理な付加価値がナンセンスを生みそれを
選択するということ】

で問題というのは付加価値を意識しすぎて肝心の身近な
存在というところから無理に一歩抜け出そうとしすぎ
なんじゃないかと思います

毒を少しはくと産地にいって豆を選んで貿易の知識も
ない英語さえもまとに喋れないような人が珈琲豆を手に
入れて「産直です」というのがセンスがないというか頓珍漢です

(どうやって交渉してコストやリスクを抑えて日本に輸入
するんだって単純な話になります^^::)

まあつまり間に誰かいてそれが日本商社か否かぐらいです

サードウェーブというのはこういう沢山刷ったリトグラフ
みたいな面があります

版を重ねると元の版が削れたり欠けたりしてだんだん
不鮮明になるといいますか

それでも産地にいった写真で「買い付けしています」は
価値なのかもしれませんしリトグラフと同じで「ある意味
本物」なんですよね

でこの「ある意味本物」に付加価値をつけてそれを手に
いれることがセンスがあるのか?

う~ん。。です。

最近この「ある意味本物」に価値をつけることには非常に
センスがないというかゲンナリしています

(岡山県産のコーヒーじゃない物にコーヒーとか
まさにソレです)

スペシャルティーコーヒーなのか何なのか知識も学んだ
こともなく本を読んだり軽くセミナーにいった程度で
あとは自分だけの価値判断でスペシャルティーコーヒーとか
スペシャリティーとかいうカフェや自家焙煎もありますが
これまた「ある意味本物」です

ある意味本物なんですがいささかトリッキーなんです

例えば大学にいって勉強していました。卒業はしていませんが。
っと聞けばあたかも大学に在籍していたかのようです

ですが大学に行き図書館で勉強をしていて在籍していなくても
大学に行き卒業はしていないけど勉強はしていたのは確かです

みたいな「ある意味本物」が色々なところであるんですよね。。

バナナの話に戻ります

岡山県産のバナナは岡山県で美味しいバナナを作ろうという
現実的でもあり夢のある話です

1本500円ですからナンセンスですしちゃんとした本物です

財布に無理のないように食べちゃえばいいわけです

つまり値段というのは高いか安いかよりもそれを
どうやって自分なりに楽しむかのほうが重要かもしれません

ナンセンスは嫌いじゃないです

映画とかコントとかですね。

でも現実に夢が絡んだ話にグレーゾーンのような
ものを絡ませてしまうナンセンスは駄目ですね。

100g800円が高いというわけでないです

100g800円の現実的な価値に夢を感じるならば
それは逆に安いんじゃないでしょうか・・

ではでは・・