奈良に行ってきました

チームで焙煎を競い合う競技に参加してきます

そのために奈良に行ってきました

若い方にも非常にレベルの高い焙煎人の方が多く勉強になりました

ちょっと岡山でこういう焙煎している人はいないなっと思える方に
出会えたのは収穫でした

業界としてもお客さんにとってもレベルの高い店が増えるのは
良いことだなっと思っています

ただ珈琲の難しいところは高品質な素材を高度な焙煎で仕上げれば
多くの方に認知され絶対であるか?っと言われるとそうでもありません

そういう自覚のなかで味づくりをしていかないと単なる高嶺の花にしかなりません

コンビニの珈琲は多くの人に飲まれレギュラーコーヒーの概念を
ある意味変えたわけですからそういう意味ではレベルが高いです

でもそれは大手の役割であって私たちの役割じゃないと思ってます
シングルモルトを呑むと個々の個性がハッキリとしている

きっかりとした部分をおさえながらも正誤や品質の高低にとらわれない
主張がある

珈琲でそれが出来ている人は私も含め殆どいない

そこに達してはじめて成熟してきたといえるのかもしれません

さておき

前日の夜から行ってましたが偶然寄ったBARは世界大会で優勝されて
いて珈琲関係者も結構いって学ばれているみたいです

学ぶことが多い旅でした

PAGE TOP